どうでんクリニック|内科・脳神経内科・もの忘れ・頭痛外来・予防接種・健診|三重県鈴鹿市三日市町のクリニック

電話番号
診療のご案内

代表的な頭痛、要注意の頭痛について


頭痛

20歳以上の日本人の約40%(約4000万人)が頭痛に悩まされたことがあるといわれるほど、頭痛はありふれた病気です。特に日常生活に支障を来す頭痛の代表格は片頭痛で、20~40歳代の女性に多く見られます。日本人全体の8.4%が片頭痛という報告もあるくらいですが、一方でしっかりとした診断や治療を受けている方は少なく、「ただの頭痛」で片づけられてしまったり、一時的に鎮痛剤を処方されるだけで継続して治療を受ける必要性を認めてもらえないことがあります。その結果、病院に行っても仕方がないと思ってつらい痛みを抱えながら生活を続けていたり、自己判断で市販薬を乱用した結果、頭痛を悪化させてしまうことなどがあります。



片頭痛

日本人のおよそ8.4%が片頭痛といわれており、女性は男性の3.6倍多くみられ、特に30歳代の女性の5人に一人が片頭痛といわれます。片頭痛患者さんの7割が日常生活に支障を来すほどの頭痛に悩まされています。片頭痛では何らかの刺激が原因となって脳血管と脳神経(三叉神経)に作用する神経ペプチドが放出され、脳血管が拡張し周囲に炎症が引き起こされることで、ズキズキと脈打つような痛みが出てきます。

典型的な片頭痛

頭痛
1 時々起こる発作的な頭痛(多くは1か月に1~8回程度、持続時間は4時間~3日間)
2 「ズッキン ズッキン」「ドク ドク」「ガン ガン」などと表現される、脈打つような強い痛み
3 吐き気や嘔吐を伴うことがある
4 光・音・臭いに対して過敏になる(対向車のヘッドライト、子供の声、工事の騒音、香水、柔軟剤、デパ地下、加齢臭など)
5 日常的な動作で痛みが悪化する(首振り、おじぎといった動作でも頭痛が悪化する)

このため、片頭痛発作中は家事や仕事が困難で、暗い静かな部屋で横になってしまうということが起こります。嘔吐を伴う場合はお薬の内服すらできなくなってしまいます。片頭痛の誘因としては月経(生理)、光・音・臭い、人ごみ、寝すぎ・寝不足、雨・台風、ストレスなどがあります。女性ホルモンとの関係が深く、妊娠中は片頭痛が軽くなって出産後に悪化したり、閉経すると頭痛が軽くなったり、発作的な脈打つような痛みから持続的な鈍い痛みに変化したりします。
片頭痛は遺伝する傾向があり、母親が片頭痛だと子供の5~7割が片頭痛を発症するといわれます。

片頭痛の治療には頭痛発作時に行う治療だけでなく、予防療法というものがあります。
片頭痛発作が起こったら、我慢せず痛みの出始めにお薬を内服すると効果的です。一般的な解熱鎮痛剤か、トリプタンという片頭痛発作を特異的に抑えるお薬を症状に応じて使い分けます。トリプタン系のお薬は数種類ありますが、その中でも効果が現れるまでの時間や持続時間、味などに違いがあるため、一人ひとりに合わせた使い分けが必要です。

片頭痛の予防療法では一般的には3ヶ月~半年程度の期間にわたり予防薬を使用します。
予防療法によって片頭痛発作の回数が減って痛みも軽くなり、頭痛発作時に飲むお薬が効きやすくなることが期待できます。
また、鎮痛剤などの飲みすぎによる頭痛(薬剤の使用過多による頭痛、薬物乱用頭痛)を防ぐことも大切な目的です。
以下のような場合は予防療法を検討することが勧められます。

頭痛チェックポイント
片頭痛発作が頻繁に起こる(1か月に2回以上、あるいは6日以上)
片頭痛発作による日常生活への支障が大きい(一度発作が起こると3日間寝込むなど)
狭心症や脳梗塞などトリプタンが使えない病気がある
鎮痛剤やトリプタン効果が乏しい、またはそれらを過剰に使っている
片頭痛発作に伴い手足の麻痺、めまい、意識障害などの神経症状がみられる特殊なタイプの片頭痛

スマホ

薬物療法以外にも日常生活の中で運動不足を解消したりストレスへの対処を心掛けたり、
寝る前のスマホやパソコンを控えるといった生活習慣の改善によって頭痛を軽くすることが期待できます。



緊張型頭痛

緊張型頭痛は筋収縮性頭痛や肩こり頭痛などと呼ばれます(実際のところ片頭痛でも肩こりはしばしばみられます)。慢性頭痛の原因としては最も多く、日本人の22.3%が緊張型頭痛をもっているといわれています。緊張型頭痛の特徴は以下の通りです。

だらだらと持続する傾向が強い
頭の両側、頭全体、後頭部が痛む(痛みの程度は軽度~中等度で、日常生活への影響は少ない)
頭をギューっと締め付けられる感じ(きつい帽子を被った感じ、「孫悟空の頭の輪」に例えられる)
ズーンとした重苦しい鈍痛
一般的に痛みは30分から7日間続く
日常的な動作では悪化せず、むしろ気分転換で体を動かすと楽になる

運動

治療としては筋肉の緊張を緩めるお薬や鎮痛剤、安定剤などが使われます。ストレッチなどの運動やストレスへの対応も大切です。



群発頭痛

片頭痛や緊張型頭痛に比べれば稀なタイプの頭痛ですが、以下のような特徴があります。

頭痛
一年の間で決まった時期(1~2か月間の群発期)に集中してほぼ毎日起こる
痛みは夜間の睡眠中に起こりやすく、15分~3時間続く
必ず頭の片側で、特に目の奥や側頭部がえぐられるような重度の激痛を訴える
痛みのためじっとしていられないことが多い。
痛む側の目の充血や涙、鼻水、顔面片側の発汗・紅潮などを伴うことがある
20~40歳代の男性に多い

禁酒

治療としては群発期の予防薬や、頭痛発作時の対応(純酸素吸入、トリプタンなど)が必要になります。
アルコールが誘因となるため、群発期は飲酒を控えることも大切です。



薬剤の使用過多による頭痛(薬物乱用頭痛)

もともと片頭痛や緊張型頭痛をもつ人が鎮痛剤やトリプタンなどの頭痛治療薬を使いすぎることで生じる慢性的な頭痛です。頭痛治療薬を1か月に10~15回以上内服する状態が3ヶ月を超えて続く場合は要注意です。頭痛発作への恐怖・不安から頭痛治療薬に依存するようになり、その結果痛みに敏感になって頭痛の回数が増えたり、頭痛治療薬が効きづらくなるという悪循環に陥ってしまい、ひと月の半分以上も頭痛がみられるようになります。治療のためには原因となった頭痛治療薬を中止しないといけませんが、中止することでもともとの頭痛発作が出てしまうことが多く、実際のところそう簡単にはやめられません。こうならないように専門医と相談しながら頭痛予防薬を効果的に使って頭痛治療薬の乱用を防ぎ、じっくりと治療に取り組んでいくことが必要です。

慢性頭痛の治療には「頭痛ダイアリー」がしばしば使われます。日々の頭痛の様子や治療薬への反応を患者さん自身が記録するもので、医師が病状を把握できるだけでなく自身の頭痛の特徴を理解する助けとなり、治療効果を医師と共有することで治療のための意欲を高く保つという効果も期待できます



交通アクセス

車

お車でお越しの方へ


カーナビをお使いの方は
「創徳中学校」
ご登録いただきますと便利です。
当院は創徳中学校の向かいです。

クリニック外観
ロゴ

電話番号
  • リスト1

    バリアフリー

  • リスト2

    キッズ
    スペースあり

  • リスト3

    カウンセリング
    ルームあり

  • リスト4

    駐車場
    完備

内科/脳神経内科/もの忘れ・頭痛診療/予防接種/健診

診療時間

〒513-0803 三重県鈴鹿市三日市町1962-1
  創徳中学校前

Copyright © 2017 Doden Clinic All Rights Reserved.