どうでんクリニック|内科・脳神経内科・もの忘れ・頭痛外来・予防接種・健診|三重県鈴鹿市三日市町のクリニック

電話番号
診療のご案内

特に注意していただきたい病気について


脂質異常症(高脂血症、高コレステロール血症)

食生活やライフスタイルの変化により日本人の脂肪・脂質の摂取量は増えており、それに伴いLDL-コレステロール(LDL-C、いわゆる“悪玉コレステロール”)値も上昇しています。LDL-C値が上昇すると動脈硬化が進行して狭心症や心筋梗塞、脳梗塞など心血管病のリスクが高まります。

高トリグリセライド血症(高TG血症)、低HDL-C血症(いわゆる”善玉コレステロール“が低い状態)も狭心症や心筋梗塞の危険因子です。コレステロールの異常は「脂質異常症」と呼ばれ、空腹時の採血で以下の基準に当てはまる人は将来、動脈硬化による心血管病を発症するリスクが高いとされています。


脂質異常症診断基準(動脈硬化疾患予防ガイドライン2012年版)

LDLコレステロール 140mg/dl以上 高LDLコレステロール血症
120mg〜139mg/dl 境界域高LDLコレステロール血症
HDLコレステロール 40mg/dl未満 低LDLコレステロール血症
TG(中性脂肪) 150mg/dl以上 高トリグリセライド血症

脂質異常症の診断がついたら、生活スタイル、肥満の程度や、狭心症・心筋梗塞、糖尿病、慢性腎臓病、脳梗塞といった病気の有無についても評価します。食事療法、運動療法、肥満の是正、禁煙といった生活習慣の改善が最も大切ですが、心血管病のリスクの高い方にはお薬による積極的な治療が必要です。



脂質異常症の食事療法ワンポイントアドバイス

料理
伝統的な和食は動脈硬化予防に効果的です
動物性脂肪(特に飽和脂肪酸とコレステロールを多く含む肉の脂身、内臓、皮、乳製品、卵黄)をなるべく控え、n-3系多価不飽和脂肪酸の豊富な青魚を積極的に摂りましょう
トランス脂肪酸を多く含む食品(スナック菓子や加工食品、マーガリンなど)をなるべく控えましょう
高TG血症の場合は糖質(菓子類、穀類、清涼飲料水など)の摂りすぎにも注意しましょう

どうでんクリニックでは脂質異常症の診断・治療に取り組みます。また、頸動脈超音波検査などによる動脈硬化の評価が可能です。
心血管病の予防を目指し早めの対応をお勧めしておりますので、動脈硬化、内臓脂肪や血液検査の結果が気になる方はお気軽にご相談ください。


交通アクセス

車

お車でお越しの方へ


カーナビをお使いの方は
「創徳中学校」
ご登録いただきますと便利です。
当院は創徳中学校の向かいです。

クリニック外観
ロゴ

電話番号
  • リスト1

    バリアフリー

  • リスト2

    キッズ
    スペースあり

  • リスト3

    カウンセリング
    ルームあり

  • リスト4

    駐車場
    完備

内科/脳神経内科/もの忘れ・頭痛診療/予防接種/健診

診療時間

〒513-0803 三重県鈴鹿市三日市町1962-1
  創徳中学校前

Copyright © 2017 Doden Clinic All Rights Reserved.