どうでんクリニック|内科・脳神経内科・もの忘れ・頭痛外来・予防接種・健診|三重県鈴鹿市三日市町のクリニック

電話番号
診療のご案内

代表的な脳神経内科の病気について


脳卒中(脳血管障害)

突然の頭痛、片側の手足や顔面の麻痺、しゃべりにくさなどで発症することが多く、治療を受けても片麻痺や失語症などの重い後遺症が残ってしまったり、寝たきりや最悪の場合は命を失う危険性もある要注意の病気です。一般に脳卒中というと大きく分けて以下の三つのタイプに分類されます。

脳血管障害
脳梗塞 脳動脈が動脈硬化や血栓が原因で詰まることにより血流の行きわたらなくなった神経細胞が壊死する
脳出血 脳の中を走る細い動脈が破れることによって脳内に血腫(血の塊)ができてしまい、その周囲の神経細胞が壊される
くも膜下出血 脳の表面を走る太い脳動脈にできたコブ(動脈瘤)が破裂したり、脳動脈の壁が裂ける(動脈解離)ことにより脳の表面のくも膜下腔という空間に出血して脳組織が損傷する

死んでしまった神経細胞や強いダメージを負った脳組織が元通りに回復するということは基本的にありません。そのため、脳卒中は未然に防ぐことがとても大切です。脳卒中は高血圧症睡眠時無呼吸症候群、喫煙、大量飲酒によって発症する危険性が高まることから、適切な血圧、血糖値、コレステロール値の管理や肥満対策、禁煙・節酒などが予防のために重要です。


脳梗塞については動脈硬化だけでなく心房細動など不整脈との関係もあるため、詳しく解説します。
脳梗塞の原因は大きく分けて以下の三つのタイプに分類され、それぞれおよそ30%程度の割合を占めます。


アテローム
血栓性脳梗塞
太い動脈の動脈硬化によって血管が狭くなり、その結果血流が悪くなったところに血栓が作られて脳血管が詰まります。脳梗塞の範囲は比較的小さいものから大きなもの、ぱらぱらと散在するものまで様々です。危険因子としては高血圧症糖尿病脂質異常症(高コレステロール血症)、メタボリックシンドローム、喫煙などがあります。発症予防のためには生活習慣病対策が大切で、アテローム血栓性脳梗塞を発症した方への再発予防には生活習慣病対策に加えて抗血小板剤(血小板由来の血栓ができにくくなる、いわゆる“血液サラサラ”のお薬)の内服が必要です。
ラクナ梗塞 脳内を走る細い動脈の動脈硬化によるもので、直径1㎝程度の小さな脳梗塞になります。危険因子としては高血圧症、喫煙などがあります。予防には血圧管理、禁煙が重要で、ラクナ梗塞を発症した方に対する再発予防のために十分な血圧管理のもとで抗血小板剤も用いられます。
心原性脳塞栓症しんげんせいのうそくせんしょう 心房細動や心筋梗塞などが原因で心臓の中で血栓が作られ、それが血流に乗って心臓から飛び出し、脳動脈を詰まらせることで生じます。突然発症し、大きな範囲におよぶ脳梗塞で症状も重いことが多いため、予防がとても大切です。発症予防については年齢やもともとお持ちのご病気などの適切な評価に基づいて、必要と判断される場合は抗凝固療法を行います。心原性脳塞栓症を発症した方に対する再発予防としては原則的に抗凝固療法が必須です。

脳梗塞は再発が多い病気であり、発症後1年以内に1割の患者さんが再発を経験するという報告があります。脳梗塞再発予防のための抗血小板薬や抗凝固薬の内服は原則的に一生涯必要です。「もう飲まなくて大丈夫だろう」などと自己判断で中断せず、かかりつけ医のもとでしっかりと治療を継続しましょう。


脳梗塞と同じような片麻痺やしゃべりにくさといった症状が短時間(通常は2~15分程度)みられ、自然に回復するということがあります。これは一過性脳虚血発作(TIA)といって脳梗塞を起こす一歩手前、まさに崖っぷちという状態を表すとても危険なサインで、すぐに検査や治療が必要です。一般にTIAを起こすと3ヶ月以内に10~15%が脳梗塞を発症するといわれます。

脳梗塞

一過性脳虚血発作を含め脳卒中は突然の片麻痺、失語、感覚の障害、頭痛などで発症します。症状は数分で回復するものから重度の場合まで様々ですが、発症後の時間の経過とともにダメージを受けた神経細胞が死んでしまうことから早期発見・早期治療が大切です。特に発症後間もない脳梗塞に対する血栓溶解療法やカテーテルによる血栓回収などの治療技術はどんどん進歩しており、劇的な症状の改善がみられることもあります。このため脳卒中が疑われたらすぐに脳卒中に対応できる医療機関に連絡したり、すぐさま救急車を呼ぶ行動力が必要です。


脳卒中はとにかく予防が大切です。日本脳卒中協会が作成した「脳卒中予防十か条」を参考に、生活習慣の改善や危険因子の管理を行いましょう。


脳卒中予防十ヶ条


交通アクセス

車

お車でお越しの方へ


カーナビをお使いの方は
「創徳中学校」
ご登録いただきますと便利です。
当院は創徳中学校の向かいです。

クリニック外観
ロゴ

電話番号
  • リスト1

    バリアフリー

  • リスト2

    キッズ
    スペースあり

  • リスト3

    カウンセリング
    ルームあり

  • リスト4

    駐車場
    完備

内科/脳神経内科/もの忘れ・頭痛診療/予防接種/健診

診療時間

〒513-0803 三重県鈴鹿市三日市町1962-1
  創徳中学校前

Copyright © 2017 Doden Clinic All Rights Reserved.