どうでんクリニック|内科・脳神経内科・もの忘れ・頭痛外来・予防接種・健診|三重県鈴鹿市三日市町のクリニック

電話番号
診療のご案内

特に注意していただきたい病気について


高血圧症

高血圧そのものによる症状はほとんどないため、健診で初めて血圧が高いことを指摘される方が多いです。実際のところ、日本人の約4300万人が高血圧症で、高血圧によって引き起こされる心血管病(心筋梗塞や脳卒中などの心臓・血管系の病気)で毎年約10万人もの方が亡くなっていると推定されています。

高血圧は心血管病の最大の危険因子です。高血圧を放置すれば動脈硬化(アテローム硬化といって血管壁にコレステロール等がたまることで血液の通り道が狭くなる)が全身の血管で知らず知らずの間に進みます。脳の動脈や心臓の冠動脈でアテローム硬化が進んだ部分の血管壁が傷ついて(プラークの破綻)そこに血小板が集まり血小板血栓が作られたりすると、ついには血管が詰まってしまい脳梗塞・心筋梗塞が引き起こされます。脳梗塞、心筋梗塞などの心血管病は命の危険があり、後遺症によって寝たきりになってしまうこともあります。


表

高血圧は全身の血管へのダメージを通じて腎臓や脳などの機能をじわじわと低下させます。その結果、慢性腎臓病や腎不全、認知症(血管性認知症)のリスクが高まるなど、様々な臓器に悪影響を及ぼします。これらの病気を予防するために、早いうちから血圧を正常に保つことがとても重要なのです。

高血圧症の診断は血圧140/90mmHg以上でなされますが、これは診察室で血圧を測った場合にあてはめられる基準です。日本では家庭用の血圧測定器が普及しており、実は家庭血圧は診察室血圧よりも診断的な価値が高いのです。

診察室血圧が140/90mmHg以上で、さらに家庭血圧が135/85mmHg以上であれば、高血圧症の診断は確定します。
診察室血圧が140/90mmHg以上でも家庭血圧が135/85mmHg未満であれば「白衣高血圧」という診断になります。

白衣高血圧は診察室だと緊張して血圧が高くなるもので、一般的な高血圧症と比べると心血管病の発症リスクは低いです。しかし将来的には持続的な高血圧に移行することがあるため、何もせず放置してよいというものではありません。糖尿病脂質異常症(高コレステロール血症)のリスクも高くなりますので、慎重に経過観察する必要があります。高血圧症の方も白衣高血圧の方も、病状の評価のため血圧手帳に日々の血圧を記録することがとても有用です。


高血圧以外で心血管病の主な危険因子としては以下のものが挙げられます。

肥満
高齢(65歳以上)
喫煙
脂質異常症(低HDL血症:<40㎎/dl、高LDL血症:≧140㎎/dl、高トリグリセライド血症:≧150㎎/dl)
メタボリックシンドローム(腹囲85㎝以上(男性)、90㎝以上(女性)に加えて、①血圧130/85mmHg以上、
②空腹時血糖110㎎/dl以上、 ③高トリグリセライド血症かつ/または低HDL血症、の3項目中2項目以上を満たす)
50歳未満で発症した心血管病の家族歴(ご両親やご兄弟など血縁者が若くして心筋梗塞になった等)
糖尿病(HbA1c≧6.5%)

高血圧に加えてこれらの危険因子をたくさん持っている方ほど、心血管病リスクが高いのです。リスクの低い方はまずは減塩食や運動、節酒など生活習慣の改善で血圧が下がるか様子を見ていきますが、リスクの高い方は直ちに降圧薬を開始することが勧められます。

どうでんクリニックでは高血圧症の診断と治療に取り組みます。血圧がご心配な方はお気軽にご相談下さい。生活習慣改善のためのアドバイスや降圧薬の処方など、お一人お一人の状態に合わせて行います。



交通アクセス

車

お車でお越しの方へ


カーナビをお使いの方は
「創徳中学校」
ご登録いただきますと便利です。
当院は創徳中学校の向かいです。

クリニック外観
ロゴ

電話番号
  • リスト1

    バリアフリー

  • リスト2

    キッズ
    スペースあり

  • リスト3

    カウンセリング
    ルームあり

  • リスト4

    駐車場
    完備

内科/脳神経内科/もの忘れ・頭痛診療/予防接種/健診

診療時間

〒513-0803 三重県鈴鹿市三日市町1962-1
  創徳中学校前

Copyright © 2017 Doden Clinic All Rights Reserved.